忍者ブログ
空のように透き通った心をみつめて、あるがままへ。
[197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

気が付いてみると、心を形成している認識は心身の外にあった。

ちょっと、語弊があるけれどね。

もっと正確に言うのなら、シームレスに心は世界に偏在している。

内も外も言葉なんですよね。

僕達は言葉による識別作用で隔たりを作っているんです。

イワユル、内と外。

昨日ジョギングしてたらそれに気が付いた(笑)

「なーんだ、大地も海も風も青空も太陽も月も星も一切が心の中にあるんだ」そう、気が付いたんですよ。

そして、表象作用は無く、表象作用の対象も不変の実在としては存在していません。

在るのでは無い、また、在るのでは無いのでも無くね。

僕も貴方も宇宙も流れていく川のように現象しているだけなんだよね。

その現象を捉えて、「私」が存在しているかのように僕達は幻想を抱きます。

そして、その現象を生じさせているのはありとあらゆる存在の関係性です。

単独で存在し得ず、全体も個がないと存在し得ず、絶えることなく変化する関係性において生命は存続しています。

言い換えれば、絶えることのない流れ(変化)が生命が存続する条件なんだよね。

これを空(空ろな生命の要素である関係性)と呼びます。

まあ、なんだ。

急ぐ必要もないし、僕は僕でない僕を生きて行こう。

肩の力を抜いて(笑)

生きとし生けるもの全ての心に優しい風が吹きますように。

byガム
 
↓まあ、なんだ。指に力を込めてみてちょ。


air_rank.gif




 
banner_23.gif
 
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
(02/28)
(11/15)
(02/21)
(02/21)
プロフィール
HN:
ガム(我無)
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ * [PR]