忍者ブログ
空のように透き通った心をみつめて、あるがままへ。
[181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171
 頭、首、肩、腕、手、胸、腹、腰、脚、足、そして心。

全て体を部分に分けて名称をつけたものですよね。

手は存在するか?に書いたとおりこれらも体の部分の名称を過去に学習した結果として、意識が任意で体を分けているだけです。

もう一度言いますね、意識が本来一体で分離していない体を過去に学習した名称を当てはめているだけで、本当は体は分けられないし、心(意識)も一体です。

内臓や神経、血管、筋肉、骨格、これらも前述したとおりです。

僕達は体を日常的に部分で呼んでいて、まるで分離しているかのような錯覚を起こしがちですが、本当は体の部分も箇所もなくって、一体なんです。

皆さん、手と手首は明確に分けられるでしょうか?

それと同じようにどこからどこまでが体で、どこが心なのか区別は付けられませんし、誰も自分の心を心から抜け出して体の外から心を見た人はいませんよね。

心と体は言葉(言語)によって分けられるもので、僕達の過去の学習が観念を生み出して分離しているかのように考えてしまいがちですが、本当は一つのもので分離できないものなんです。

僕達人間も同じように私と他人として区別していますが、本当は一つで分離させているのは意識です。
何もない空間から一人生まれてくる生命は一つもなくて、全ての生命は一なるものより宇宙の内部の細胞として生まれてきています。

皆さん、このことを深く追求してみてください。

生きとし生けるもの全ての心に優しい風が吹きますように。

byガム

 
↓クリックも言葉で過去の学習の結果で認識してるんですよ。


air_rank.gif



 
banner_23.gif

 

 



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
(11/15)
(02/21)
(02/21)
(02/02)
プロフィール
HN:
ガム(我無)
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ * [PR]