忍者ブログ
空のように透き通った心をみつめて、あるがままへ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

思考にスキマを作ってみよう。

怒りや憎しみといった想念が湧きあがったらこれをしてみてください。

想念が沸き起こったなぁ・・・と思ったら、意識で思考を片方へ押し込んで、

腹からの目線で眺めてみる。

やってみると、意外と自分の思考を客観的に眺められたりします。

その想念の元となる観念や可否の判断はどうして作られたのか、思索してみてください。

そして、その形成物の原因を突き止めたなら、それを手放していきます。

沸き起こるたび、何度でも・・・

いつかきっと、澄み渡った青空のような意識に出会えるはずです。

そうしたら思うはずです。

馬鹿だったなぁ・・・って。



あなたに無償の愛が訪れますように。

byガム

↓ポチッとな。


air_rank.gif



 
banner_23.gif
PR
きっと、大丈夫。

今日死にたいと思っている貴方も、明日微笑を生きている。

何もかも嫌だと感じている貴方も、明日幸せを感じている。

もう終わりだと呟いた貴方も、明日これからと呟いている。

大丈夫。

全ては赦されて愛されている。

私達はそれを知るために生まれ、生きている。

あなたに無償の愛が訪れますように。

byガム

↓ポチッとな。


air_rank.gif



 
banner_23.gif
疑問に思うのは、長年信仰と共に生きてきた人達がその宗教の教義に囚われて純粋さを失われていくことなんだよね。

例えば、

天上天下唯我独尊

私は神の一人子である。

これって、同じ体験を別の表現で言い表しているだけで、言っていることは同じこと。

「違う!!」って思った人、今すぐ自我をクリーニングしてきなさいw

冗談はさておき、

国、地域、民族、部族、言語、夫々が違う人達が同じものをみても感じ取る感覚が違います。

当たり前なんだよね、違う感覚って、夫々肉体の感覚も違うし、育った環境が違うからね。

言いたいのは、全部認めようってこと。

あるんだからさ、この世界に。

この世界に境を作っているのは自我で、その自我もいいのでも悪いのでもないんですよ。

様々な宗教があって、人がいて、思想があっていいんです。

私がもし、人に請われてどの宗教がいいのか聞かれたとしたら、こう、答えます。

狭義の仏教より広義の仏教がいい。

○○教と限定するんじゃなくて「目の覚めた人」の教えを学びなさいと、勧めます。

あなたに無償の愛が訪れますように。

byガム

↓ポチッとな。


air_rank.gif



 
banner_23.gif



無我を探求するのは、おかしな事に自我だったりする。

しかし、自我は無我という体験は出来ない。

探しつくして、つくして、つくして、自我が探求に疲れ果てたその先にあるものはなんだろうか?

現象の地平だろうか・・・

あなたに無償の愛が訪れますように。

byガム

↓ポチッとな。


air_rank.gif



 
banner_23.gif
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
(02/28)
(11/15)
(02/21)
(02/21)
プロフィール
HN:
ガム(我無)
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ * [PR]